今回は『PixARK』のトロッコの使い方について

トロッコは駅とレールを設置してアイテムやプレイヤーの移動が出来る設備です。
移動速度が遅いですが、持ち運べるアイテムの量は多いです。

ということで今回は、『PixARK(ピックスアーク)』のトロッコの駅やレールの作り方と使い方について書いていきたいと思います。

トロッコの作り方

まず、トロッコの一式は原始的スキルのレベル38のエングラムから習得出来ます。

アイテム名 必要素材
トロッコ(アイテム用) 木材×4、石ブロック×2、せんい×9
トロッコ(プレイヤー用) 木材×1、石ブロック×1、せんい×9
トロッコの駅 木材×1、石ブロック×1
水平レール 木材×1、石ブロック×1
下向きレール 木材×1、石ブロック×1
上向きレール 木材×1、石ブロック×1
左レール 木材×1、石ブロック×1
右レール 木材×1、石ブロック×1

トロッコがプレイヤーとアイテムを移動するためのもので、駅はトロッコが停止する場所、レールがトロッコが移動するルートとなります。

必要素材は「木材」「石ブロック」「繊維」とどれも簡単に手に入るものばかりですね。

スポンサーリンク

トロッコの駅やレールの使い方

1.開始場所にトロッコの駅を設置する
2.レールで開始場所から目的地まで道を作る
3.目的地にトロッコの駅を設置する
4.駅にトロッコを設置する

まず、トロッコの移動には最低でも「トロッコ×1」「トロッコの駅×2」とレールが複数必要になります。
※一つのルートに設置出来るトロッコは1個まで

そして上記のようにトロッコを設置してから、トロッコの燃料スロットに「石炭」を入れるとトロッコを使用出来るようになります。
前進で開始地点から次の駅に移動、戻るで前の駅に移動

トロッコはアイテムを入れる用と人が移動する用の2種類があり、アイテムを入れる用のトロッコに入れることの出来るアイテムの最大重量は5000と非常に多いです。

ただ、トロッコの移動速度が予想以上に遅かったので、個人的な感想としては大して使えません。
人が移動出来るトロッコもダッシュ移動の方が遥かに早いので

鉱山と拠点が近い場合は鉱山と拠点を繋ぐトロッコを作るということも出来ますが、正直グリフォンなどの飛行生物を数体連れて行く方が手っ取り早い気がしますし。

使い道としては歩きやダッシュで移動すると落下する危険性のある高台から反対側の高台に移動するためなど、落下死を防ぐために設置するという感じでしょうか

なので、拠点が氷の大地の山頂など周囲に険しい道が多い時には安全に移動する手段として使ってみるのは良いかもしれません。

関連記事はコチラ
イカダの作り方と使い方・イカダ拠点について
周囲が暗い時におすすめのヘルメットの作り方
ドリルの使い方と燃料の石炭の入手場所

ピックスアーク 攻略メニュー【PixARK】

以上、『PixARK(ピックスアーク)』のトロッコの使い方についてでした。