今回は『PixARK』のキチンの作り方について

「キチン」はサドルや武器などの作成に必要な基本素材の1つです。
作成には特定の生物がドロップする「クラスト」が必要になります。

ということで今回は、『PixARK(ピックスアーク)』のキチンの作り方とクラストの入手法について書いていきたいと思います。

キチンの作り方

まず、「キチン」を作るためには“原始的なスキル”のレベル10で習得出来る「すり鉢とすりこぎ」が必要になります。

「すり鉢とすりこぎ」は「岩石×10」で作成可能
「岩石」は地面を掘ると多く見つかる黒色のブロックをピッケルで攻撃すると入手出来ます。

「キチン」の作成に必要な素材は「クラスト×1」
「クラスト」は特定の敵を倒すとドロップする素材になります。

主にティタノミルマ/パキケファロサウルス/カルボネミス/トリケラトプス/ステゴサウルス/巨大カブトムシなどの生物がドロップします。

「クラスト」を手に入れたら「すり鉢とすりこぎ」のインベントリを開いて「キチン」を作成していきましょう。

「クラスト」が所持品にある状態or「すり鉢とすりこぎ」の近くの収納ボックスの中にある状態であればインベントリの右にある「キチン」を選択することで作成出来ます。

クラストの使い道

「クラスト」は基本的に「キチン」の作成に使用する素材ですが、一部のサドルの作成には「キチン」ではなく「クラスト」がそのまま必要になります。
「ベールゼブフォのサドル」「メガロックドラゴンのサドル」など

その他、ジャンプ力を上げるためのシューズを作成する時にもクラストが必要ですね。

そのため、「クラスト」が大量にあって「キチン」の使い道が特にない時は「クラスト」の状態で所持しておくのが良さげです。

【ピックスアーク】攻略メニュー【PixARK】

以上、『ピックスアーク(PixARK)』のキチンの作り方についてでした。