今回は『PixARK』のポリマーの作り方について

「ポリマー」は「電子装置」と同じく旋盤で作成出来る素材アイテムで、主に「スキューバ一式」や「ピストル」「アサルトライフル」などの高ランクのアイテムの作成に必要になります。

そこで今回は、『PixARK(ピックスアーク)』のポリマーの作り方と使い道、必要素材の「骨灰」の入手法について書いていきたいと思います。

ポリマーの作り方

まず、本作で「ポリマー」を作成するためには“工業用スキル”のレベル55のエングラムが必要になります。

「ポリマー」自体もレベル55で習得出来る「加工業者(旋盤)」で作成します。
旋盤の作り方と動かし方・ガソリンの入手法

「ポリマー」の作成に必要な素材は「骨灰×2」「粘土×2」です。

骨灰と粘土の入手法

「粘土」は「作業台」の作成にも必要になるので分かるかと思いますが、主に沼エリアで多く見つけることが出来て深海(海底)からも手に入れることが出来ます。
※「砂」や「土」が水に触れると「粘土」に変化

「骨灰」は「すり鉢とすりこぎ」から作成出来る素材の1つです。
作成に必要な素材は「骨×1」

「骨」は特定の生物を倒すとドロップするアイテムで、主にReindeer/Morellatops/トリケラトプス/ケンタウロス/イクチオサウルス/スケルトン/ギガントピテクスなどがドロップします。


一度倒した生物は図鑑に登録されてドロップアイテムも確認出来るため、ドロップする敵を確認したい場合は図鑑を見ればすぐに分かります。

ある程度レベルが高くなっていれば、ダンジョンで割と見かけるスケルトン系を倒して「骨」を集めていくのが良さそうです。

「骨」を手に入れたら「すり鉢とすりこぎ」から「骨灰」を作成しましょう。

その後、「骨灰」と「粘土」を手に入れたら「加工業者(旋盤)」をガソリンで動かすことで「ポリマー」の作成が可能になります。

 

ポリマーの使い道

重要なアイテムで、必要素材として「ポリマー」を使うアイテムを書いておくと、
・ピストル
・アサルトライフル
・ロケットランチャー
・オートタレット
・エアコン
・発電機に使用する「電線」と「コンセント」

上記のようなアイテムは攻略を進めてく上で重要になりますね。
「ポリマー」の必要数も多くなるため、「骨」を手に入れた時は必ず持ち帰って収納ボックスに入れておくのが良いでしょう。

関連記事はコチラ
石油とガソリンの作り方・石油ポンプの使い方
【ピックスアーク】攻略メニュー【PixARK】

以上、『ピックスアーク(PixARK)』のポリマーの作り方についてでした。