今回は『進撃の巨人2 ファイナルバトル』の兵士勧誘について

壁外奪還モードでは兵士を勧誘する事で兵団に加入させる事ができます。
兵団のメンバーは出撃時に同行できる他、人材配置などでメリット効果を得る事も可能です。

そこで今回は、『進撃の巨人2 ファイナルバトル』の壁外奪還モードの勧誘兵士の出現条件や志願兵募集についてまとめていきます。

勧誘兵士

壁外奪還モードでは勧誘イベントが発生している任務を行う事で、勧誘対象兵士が出現します。

勧誘対象兵士が出現すると強制的にリンクし、一緒に任務をクリアする事で勧誘値が上昇、勧誘値がMAXになると任務報酬の画面で勧誘する事が可能です。

兵団の加入可能人数は「作戦室」の兵団管理→拠点拡張で居住区を拡張する事で増やす事ができるので、兵団の数を増やそうと思っている方は優先して拡張しておきましょう。

兵団に加わったキャラクターは、
・出撃班に加えて任務に同行させる


任務に同行したキャラクター同士は親密度が上がり、特定の組み合わせだと会話イベントが発生する場合もあります。
兵団管理の人材配置で各班に配置
・訓練所で能力を強化
等が行えます。

また、兵団から外したい場合は兵団管理→団員管理から外す事が可能です。

 

勧誘兵士の出現条件

まずはじめに、勧誘可能キャラはストーリーモードやキャラクターエピソードをクリアする事で壁外奪還モードに出現するようになるので、これらを進めていない状態だと勧誘できません。

私は前作『進撃の巨人2』のデータを引き継いだため、ストーリーモードは全クリ済みの状態だったので未確認ですが、おそらくアナザーモードのキャラ解放条件と壁外奪還モードで出現条件は同じ?になるようです。
アナザーモードのキャラ解放条件や救援要請のやり方

勧誘兵士は壁外調査を行っている時に、ランダムで各任務に勧誘対象兵士が出現する場合があります。

そして勧誘対象兵士が出現している任務を行うと条件を満たす事で「共闘者登場」と表示が出て勧誘対象兵士が同行状態になります。

条件は「副任務を発生させること」なので、とりあえず副任務を全てクリアするように進めれば必ず出現するはずです。

一緒に任務をクリアして勧誘値がMAXになると勧誘できるのですが、戦闘で高い評価を得る、清掃班に人員を配置などで勧誘値が上昇しやすくなります。

何人か勧誘しましたが、清掃班に配置しなくてもSランク評価2回でMAXになる程度なので、1人の勧誘にそこまで時間が掛かるという事はありません。

追記 全員勧誘しましたが、キャラによって勧誘値の上昇率には結構差がありました。
トーマスやミーナなどは一度でMAXになる事も多く、逆にエルヴィンやリヴァイなどは3~4回程度の勧誘イベント任務をクリアする必要があります。

勧誘イベントが発生しない場合
注意点として居住区のLv10で団員数上限は43人、壁外奪還モードで兵団に勧誘できるキャラは主人公含めて45人という点です。

理由としてはキースにはキースとキース(若年)の2人がいてエレンにもエレンとエレン(長髪)の2人がいます。
これらは同時に兵団に加入させる事はできないため、どちらかを選ばなければなりません。

後述していますが、エレン(長髪)とキースは志願兵募集で勧誘する事ができ、最初に志願兵募集で全員勧誘してから勧誘イベントで勧誘していくと43人目がキース(若年)やエレンだった場合に団員数がMAXのせいで勧誘イベントが発生しなくなります。

そのため、勧誘できていない団員がいるのに勧誘イベントが発生しないという方は団員数を確認してみてください。

スポンサーリンク

志願兵募集

志願兵募集は兵団管理の作戦室のLVを5にする事で、兵団運営の支援要請から行う事ができます。

志願兵募集を行うと自由の翼ゲージを40消費して志願兵を勧誘する事が可能です。
こちらは勧誘値などはなく、即勧誘する事ができるので、序盤の兵団人数を増やすのにお勧めになります。

ただし、志願兵募集で勧誘できるのは特定のキャラのみで、勧誘イベントで勧誘可能なキャラは勧誘できないようです。

私が志願兵募集で勧誘できたのは、
キッツ、カーフェン、ヒッチ、ナイル、マルロ、ピクシス、ザックレー、エレン(長髪)、キース、ジーク、ケニー
となります。

特にケニーとカーフェンは強力なバディアクションが行えるので必ず勧誘しておきましょう。

関連記事
壁外奪還モードの流れとクリア後の追加要素
黄金の雫とスキルポイントの増やし方
斬撃の最強武器やおすすめ装備
射撃の最強武器やおすすめ装備
訓練場の特別訓練と潜在能力に自由の翼ゲージ

進撃の巨人2 ファイナルバトル 攻略メニュー

以上で『進撃の巨人2 ファイナルバトル』の勧誘についてを終わります。