今回は『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のジブラルタルについて

ジブラルタルはパッシブで構え中にシールドを展開したり、ドーム状のシールドを展開するスキルなど守りに特化したキャラクターです。

そこで今回は、『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のジブラルタルのスキルや立ち回りなどの使い方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ジブラルタル スキル

パッシブ 効果
ガンシールド 照準器越しにエイムを行うとガンシールドが展開し、被弾を防ぐ
戦術アビリティ(L1)
プロテクトドーム 攻撃を15秒間ブロックするドームシールドを投下する
アルティメット(L1+R1)
防衛爆撃 スモークでマーキングした地点に迫撃砲の集中攻撃を要請する

パッシブスキルの「ガンシールド」は照準越しにエイムを行う、簡単に言えば銃を構えている最中にシールドを展開するスキルです。
シールドは地味に目立つため、偵察中などは十字キー下でシールド無しに切り替える事もできるので覚えておきましょう。

このガンシールドは1対1時などの時はとても便利なのですが、意外と壊れやすいため頼りにし過ぎるのも危険です。

次に「プロテクトドーム」はグレネードのような投擲系のアイテムで、投げた地点にドーム状のシールドを15秒間展開します。
クールタイムはシールドが消えてから20秒。

このシールドはドーム外からの攻撃を防ぎ、ドーム内の攻撃も内側から防がれるというものです。
なので、シールドを展開してからシールド内からシールド外への敵へ攻撃するという事はできません。

基本的にはダウンした味方の救助、攻撃された敵の位置が分からない場合、敵との位置関係が悪い場合、目立つ場所でボックスなどからアイテムを回収する場合など守りに徹したい時に使用していくイメージになります。

そしてアルティメットスキルの「防衛爆撃」はスモークグレネードを投げた地点に広範囲の迫撃砲を要請するというスキルです。


範囲は結構広く、ダメージも40程度と地味に高いので使いどころによっては戦局を大きく変える事もできます。

私が使用した感じだと敵が建物外の岩陰などに隠れている場合や敵のジブラルタルがシールドを展開してから数秒後、ガスやスモークで隠れた敵などに使用するのが良さそうでした。

スポンサーリンク

ジブラルタルの立ち回り

ジブラルタルは守りに特化したキャラクターなので、先陣を切るというよりも味方の近くで援護する形で行動するのが良いです。

ドームシールドはアイテムを回収する際や遠距離から狙われている時、ダウンした味方を救助する時などここぞという時に使用しましょう。
敵と遭遇した瞬間に使用してしまうといざという時に使えない場合があります。

また、ドームシールドは目立つので、隠密行動中に使用するのも避けた方が良いですね。

関連記事はコチラ
個人的おすすめキャラ
ブラッドハウンドのスキルや立ち回り
ライフラインのスキルや立ち回り
パスファインダーのスキルや立ち回り
バンガロールのスキルや立ち回り
レイスのスキルや立ち回り
コースティックのスキルや立ち回り

【Apex Legends】攻略メニュー【エーペックスレジェンズ】

以上で『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のジブラルタルについてを終わります。