今回は『バイオハザードレジスタンス』のアレックスの使い方について

アレックスはトラップ&感染特化のマスターマインドです。
感染は上手く利用すると非常に強力で、ヤテベオの性能もアップデートで強化されています。

そこで今回は、『バイオハザードレジスタンス』のアレックスのおすすめデッキや使い方についてまとめていきます。

アレックスの特徴

アレックスは感染やトラップを強化するパッシブスキルを持つマスターマインドです。

特に感染は咳き込みでダメージと制限時間−5秒と非常に強力で、常に装備「感染性ガス缶」を装備して素早く感染させる事で効率良く時間を削る事ができます。

ヤテベオも配信当時はアルティメットスキルの中でも最弱でしたが、現在は周囲のサバイバーの動きを遅くしたり、攻撃のクールダウンが無かったりと使いやすくなりました。

アルティメットスキル「B.O.W.:ヤテベオ」
新緑 ヤテベオの体力が増加する
また、粘液から脱出しにくくする
爆発物 サバイバーを貪らなくても自爆できるようになり、攻撃力が上昇する
パッシブ1
増幅 感染度が大幅に上昇する
伝染 感染性ガスの発生時感が増加する
有効範囲内のクリーチャーも感染能力を得る
パッシブ2
トラップ強化 トラップカードのコストが1低下する
メカニック E.I.S.の起動時間が短縮する
また、トラップの耐久度と解体時間が増加する
専用スキル1
感染トラップ サバイバーを感染させるトラップを配置する
爆発トラップ×3 爆発トラップを3つ配置する
専用スキル2
高効率モジュール(感染) 手札にある間、全ての感染系カードのコストが3下がる
ピエロゾンビ(カモフラージュ) ピエロゾンビ(カモフラージュ)を出現させる(スレイブ化可能)

 

おすすめデッキ編成

スキルカード 解放条件
1.這いずりゾンビ 初期
2.ゾンビ(感染) ダニエルランク5
3.肥大ゾンビ(感染) アレックスランク7
4.ゾンビ 初期
5.ゾンビ犬 初期
6.閉鎖トラップ ダニエルランク25
7.爆発トラップ 初期
8.クイックドロー 初期
9.コピースキル アレックスランク5
10.高効率モジュール(クリーチャー) アネットランク19

私が使用しているデッキは伝染による感染特化デッキです。
装備は「強靭な皮膚3」、「感染性ガス缶」の3と2、「新鮮な血液3」

パッシブスキルの伝染は感染クリーチャーのガス内にいるクリーチャーも感染能力を持つため、ゾンビ(感染)を召喚してから周囲に低コストクリーチャーを召喚or低コストクリーチャーを召喚してからゾンビ(感染)を召喚というパターンで広範囲に感染ガスを撒くというイメージです。

また、コストの高い肥大ゾンビ(感染)は感染モジュールの出るエリア3以降がメインとなるので、エリア1と2ではクイックドローなどを利用して感染ゾンビをメインに感染ガスを発生させていくと良いです。

コピースキルは這いずりゾンビに利用する事で、高効率モジュールと組み合わせてコスト0で2体召喚可能になり、感染を手っ取り早く広げる事ができます。

爆発トラップと閉鎖トラップは制限時間削り+走り抜けさせない目的で設置していきます。
特に感染クリーチャーの周囲に設置する事で見えにくくなり、分かっていてもクリーチャーの妨害などで破壊しにくくできます。

注意点としてトラップを警戒しているサバイバーや投擲武器を多く使用してくるサバイバーの場合は同じ場所にまとめて設置しないようにしましょう。
(破壊されると制限時間が大幅に増えるため)

スポンサーリンク

ヤテベオの使い方


ヤテベオは主に警備装置やバイオコア、出口などを塞ぎ、1人以上のサバイバーを閉じ込めるように召喚するのが基本です。

攻撃アクションは多いですが、基本的には「食い尽くす」、「粘液」、「触手つる」の3つになります。
食い尽くすは周囲のサバイバーを自動的に掴んで即死させられるため、確実に1人以上のサバイバーを食い尽くせるタイミングで召喚するのがベストです。

食い尽くすが届かない場所に逃げられたりした場合は
・粘液をヒット→〇で引き寄せ&触手つる連発→近付いたら食い尽くす
・粘液がヒットしない場合は触手つるを連発
など複数の攻撃をまとめて使用すると良いです。

自爆は食い尽くすでサバイバーを食べた場合に使用でき、自爆して周囲のサバイバーに大ダメージを与えられます。
スキル「爆発物」を装備していれば即自爆も可能ですが、ヤテベオは時間削りが目的なので体力がアップする「新緑」の方がお勧めです。

また、ヤテベオ召喚のタイミングをミスってサバイバーが全員逃げてしまった場合や1人を食い尽くして他のサバイバーが避難というように攻撃対象がいなくなった場合は擬態でカメラに戻りましょう。

擬態使用後でもヤテベオのカードを使用すれば即座にヤテベオに戻れるので、マップを見てヤテベオの近くにサバイバーが来た場合はヤテベオに戻って食い尽くすなども可能です。

サバイバーがヤテベオの時間が終わるまで逃げているようであれば、カメラに戻ってクリーチャー召喚やトラップの設置に時間を使うというイメージになります。

関連記事はコチラ
スキルカード効果と解放ランク一覧
アネットのデッキ編成や使い方
ダニエルのデッキ編成や使い方
ニコライのデッキ編成や使い方

バイオハザード レジスタンス 攻略メニュー

以上、『バイオハザード レジスタンス』のアレックスについてでした。