今回は『バイオハザードレジスタンス』のアネットの使い方について

アネットはクリーチャーのコスト低下や体力の大幅増加などのクリーチャーを強化するパッシブスキルがあり、コスト低下による物量型の戦い方が出来ます。

そこで今回は、『バイオハザードレジスタンス』のアネットおすすめデッキ・スキルと使い方についてまとめていきます。

アネットの特徴

アネットはクリーチャーの召喚と強化に特化したキャラクターです。

アルティメット 効果
憤怒 B.O.W.のスレイブ化を早めに終了した場合、次のクールダウン時間が短縮する。
残虐 「虐殺」成功後、B.O.W.の活動可能時間が増加する
猛獣使い 15秒毎にバーキン付近にゾンビ犬が出現する
パッシブ1 効果
リカバリー 強化弾を受けたクリーチャーの体力を回復させる
強化 すべてのクリーチャー強化の効果を大幅に増加する
ディフェンス クリーチャーを強化すると受けるダメージが軽減される
パッシブ2 効果
クリーチャー強化 クリーチャーカードのコストが1低下する
増強 クリーチャーの体力が大幅に増加する
奇襲 クリーチャーが出現後すぐに立ち上がり、無敵状態が少し長くなる
専用スキル1 効果
ゾンビ犬×3 ゾンビ犬を3匹出現させる
肥大ゾンビ(凶暴化) 周囲に強化効果を与える凶暴化オーラを纏った肥大ゾンビを出現させる
強化ガス(再生) 有効範囲内のすべてのクリーチャーの体力を瞬時に回復させるガスを放出
専用スキル2 効果
破裂ゾンビ×2 破裂ゾンビを2体出現させる
強化弾(ミックス) すべての強化効果をクリーチャーに与えるランチャーをカメラに搭載する
肥大ゾンビ×2 肥大ゾンビを2体出現させる

 

おすすめ編成

おすすめスキル

スキル 効果
憤怒 B.O.W.のスレイブ化を早めに終了した場合、次のクールダウン時間が短縮する。
ディフェンス クリーチャーを強化すると受けるダメージが軽減される
クリーチャー強化 クリーチャーカードのコストが1低下する
専用カード 効果
肥大ゾンビ(凶暴化) 周囲に強化効果を与える凶暴化オーラを纏った肥大ゾンビを出現させる
肥大ゾンビ×2 肥大ゾンビを2体出現させる

おすすめデッキ・装備

装備 効果
新鮮な血液3(コスト3) クリーチャーが噛み付き攻撃を行う確率が大幅に上昇する
強靭な皮膚3(コスト7) クリーチャーの体力の上限値が大幅に増加する
強靭な皮膚2(コスト5) クリーチャーの体力の上限値が増加する
小型リアクター(コスト5) バイオエネルギーの回復速度が上昇する
デッキ編成 1.ゾンビ×2
2.ゾンビ(感染)
3.肥大ゾンビ
4.アーマーゾンビ(軽武装)
5.モノマネゾンビ
6.這いずりゾンビ
7.強化ガス(凶暴化)
8.強化ガス(バイオエネルギー吸収)
9.変換モジュール(クリーチャー)
10.高効率モジュール(クリーチャー)

私が使用しているアネットはコスト低下のスキル&モジュールによる物量型アネットです。

ゾンビの体力を装備で上昇、「新鮮な血液3」の効果により噛み付き攻撃の確率が上昇しているためモンスターハウスを作って敵の進行を妨害することが出来ます。

「強化ガス」は感染と凶暴化で迷ったものの移動速度を上げれば噛み付き率が上がるかも、という理由で凶暴化にしています。

スポンサーリンク

立ち回りのコツ

※参考動画(プレイ動画)

上記の編成では「小型をリアクター」でエネルギー回復速度を上昇している上に「強化ガス」のバイオエネルギーもあるので、これらを利用して次々にモンスターハウスを作っていくスタイルになります。

最近はクリーチャー対策のサバイバーが多く、マーティンの「フラッシュバン」、余剰ヴァレリーの投げ物、火力特化のサミュエル、ベッカなどが多いのですが、諦めずに何度もモンスターハウスを作っていくのがコツです。

また、強化ガス使用後は複数出現させたクリーチャーの中でも扱いやすいアーマーゾンビ(軽武装)や肥大ゾンビにスレイブ化して攻撃していくのも重要です。

特にバイオエネルギー吸収が付与されているクリーチャーにスレイブ化してエネルギーを溜めていく過程もモンハウを次々作成するためには必要になるので。

他に意識しておきたいポイントとしては、
・画面右下のクリーチャーの最大数を常に確認
※第1エリアは8体、第2エリアは10体、第3エリアは12体
・クリーチャーにはなるべく強化ガスを使用
・イビーは警備装置前や細い通路など回避しにくい場所に配置

本作ではクリーチャーのカード選択時に画面右下に現在出現しているクリーチャーの数と最大数が表示され、最大数をオーバーすると配置済みのクリーチャーが消滅してしまいます。

そのため、物量型のアネットでは常にクリーチャーの最大数と出現数を確認しておき、同じ部屋に最大数以上召喚といったような無駄な召喚には気をつけましょう。

私はアネットがメインではないのですが、このデッキであれば勝率はかなり高めなので、これからアネットをメインに使用したいという方にはおすすめ出来ます。

G-バーキンの使い方

バーキンはR1「凶暴化」を使用することで移動速度が上昇し、閃光手榴弾による怯みを大幅に軽減することが出来ます。

そのため、バーキン召喚後はR1で凶暴化してから敵に攻撃を仕掛けていきましょう。

バーキンで敵を攻撃する時は「虐殺」を何度も行うのがおすすめで、理由としては敵の投げ物を消費させる+虐殺中はスレイブ化の残り時間の減少がストップするためです。

虐殺で何回も掴むことで掴んでいる間は残り時間が減少しないので、総合的に見ればバーキンの操作時間を延ばすことが出来ます。

その他、アルティメットスキル「憤怒」を装備していれば召喚でミスをしてしまっても即座にキャンセルすることで、次に出現させるためのクールダウンが大幅に短縮するので上手く利用していくのが良いです。

関連記事はコチラ
ダニエルのデッキ編成やタイラントの使い方
ニコライのデッキ編成やネメシスの使い方

バイオハザード レジスタンス 攻略メニュー

以上、『バイオハザード レジスタンス』のアネットの使い方についてでした。