今回は『バイオハザードレジスタンス』のスペンサーの使い方について

スペンサーはドアのロックLv3や警備装置の解除時間増加、バイオコアの耐久度増加など時間稼ぎのスキルを多く持つマスターマインドです。

そこで今回は、『バイオハザードレジスタンス』のスペンサーのおすすめデッキ・スキルと使い方についてまとめていきます。

スペンサーの特徴


スペンサーは時間稼ぎ/モジュールに特化したマスターマインドで、アルティメットスキルはB.O.W.を使用しない代わりに「分解フィールド」を展開出来ます。

アルティメット 効果
ジェネレーター スキルカードを使用するたびに、分解フィールドの基礎クールダウン時間が短縮する。
クローン 分解フィールドが2箇所に出現する。また、効果時間が2倍になる
屈折 分解フィールドの持続時間が非常に短くなる代わりに、指定した方向に最大8個展開する
パッシブ1 効果
防衛システム 第1エリアにおとりのキーアイテム、第2エリアの警備装置の解除時間増加、第3エリアのバイオコアの耐久度上昇
デッドボルト E.I.Sかトラップでドアをロックすると、ロックレベルが3になる。また、スキルカード使用時に全E.I.Sのクールダウン時間が1秒短縮する
モジュール強化 モジュールカードのコストが3低下、モジュールカード使用時に電磁シールドが1秒出現する
EMパルス 電磁シールドが存在時、分解フィールドのクールダウン時間を大幅に減少させる
パッシブ2 効果
リチャージ E.I.Sシステムを使って環境設定を変更する際にバイオエネルギーを回復する
共生 スキルカード使用時、異なるタイプのスキルカードのコストが一時的に1低下する。
バッテリー バイオエネルギーの上限が10増加する。また手札のモジュールカード1枚につきバイオエネルギーの回復速度が上昇する
パラケルスス・ジェネレーター 一定間隔で手札のコストを減少させる
専用スキル1 効果
E.I.Sモジュール(高時特化) 手札にある間、バイオエネルギーが6以上あれば大幅にE.I.Sのクールダウン時間が短縮
モジュール活用術 全てのモジュールカードを即座にエネルギーに変換する
無敵化ポッド クリーチャーが照射範囲にいる間、無敵状態を付与する照射器の射出装置を監視カメラに搭載。破壊されるまで継続
専用スキル2 効果
超省エネ運転 使用中の監視カメラで使うスキルカードのコストを一時的に下げる
エネルギーモジュール(高時特化) 手札にある間、バイオエネルギーが6以上であればエネルギーの回復速度が大幅に上昇する
シャッフルモジュール(高効率) 手札にある間カードを使用するたびにモジュールカード以外をすべて捨てカードを引き直す

 

おすすめ編成

おすすめスキル

スキル 効果
屈折 分解フィールドの持続時間が非常に短くなる代わりに、指定した方向に最大8個展開する
防衛システム 第1エリアにおとりのキーアイテム、第2エリアの警備装置の解除時間増加、第3エリアのバイオコアの耐久度上昇
パラケルスス・ジェネレーター 一定間隔で手札のコストを減少させる
専用カード 効果
無敵化ポッド クリーチャーが照射範囲にいる間、無敵状態を付与する照射器の射出装置を監視カメラに搭載。破壊されるまで継続
超省エネ運転 使用中の監視カメラで使うスキルカードのコストを一時的に下げる

おすすめデッキ・装備

装備 効果
強靭な皮膚2(コスト5) クリーチャーの体力の上限値が上昇する
強靭な皮膚3(コスト7) クリーチャーの体力の上限値が大幅に上昇する
新鮮な血液2(コスト2) クリーチャーが噛みつき攻撃を行う確率が上昇する
感染性ガス3(コスト6) 感染度の上昇量が大幅に増加する
デッキ編成 1.這いずりゾンビ
2.ゾンビ×2 orゾンビ(感染)
3.アーマーゾンビ(軽武装)
4.肥大ゾンビor肥大ゾンビ(感染)
5.モノマネゾンビ
6.リッカー
7.高効率運用(クリーチャー)
8.強化ガス(感染)
9.変換モジュール(クリーチャー)
10.高効率モジュール(クリーチャー)

上記のデッキ編成はパラケルススを利用した物量型スペンサーです。

9月のアプデで追加されたパッシブスキル「パラケルスス・ジェネレーター」は約10秒おきに手札のカードのコストを1減少させる強力なスキルとなっています。

このスキルがあれば高効率運用や強化ガスがコスト1で使用する事もでき、リッカーや肥大ゾンビ、アーマーゾンビといった高コストクリーチャーを量産する事が可能です。
強化ガスは感染の咳き込みによる時間減少が強いので感染のみ使用しています。

アネット並みに物量で攻める事が可能&リッカーやイビーも多く使用できるのでかなり強いですね。

スポンサーリンク

立ち回りのコツ

※参考動画(プレイ動画)

動画はゾンビ×2+肥大ゾンビとゾンビ(感染)+肥大ゾンビ(感染)を試していた時のものです(個人的には感染ゾンビを入れた方が使いやすい印象)

立ち回りとしてはクリーチャーを最大まで召喚&感染付与→スレイブ化してドアの開閉を利用しての感染&時間稼ぎと背後嚙み付きがメインになります。

スレイブ化中もコストは減少していくので慣れてきたらリッカーなどを手札に置いた状態でスレイブ化すると良いです。

後はひたすらモンハウ形成&可能な時にリッカーとイビーを召喚していけばサバイバーのダウンも十分狙えます。

正直慣れてくるとコストはかなり余るのですが、色々試してみた結果、高効率モジュール(クリーチャー)を消すと回転率がやや悪くなったので入れたままにしています。


私はスペンサー自体余り使用していなかったので他にも改良の余地がありそうですが、本日スペンサーを使用して35戦全勝できているので悪くないと思います。

分解フィールドの使い方


スペンサーの分解フィールドは単に設置するだけなので特に難しいことはないのですが、「屈折」の場合はある程度慣れが必要です。

「屈折」は分解フィールドの開始地点に小さな矢印が表示されていて、矢印の方向に分解フィールドが出現していくという意味で、これはスティックで上下左右に切り替えが出来ます。

使い方のコツとしては出したい場所に開始地点を動かしたらスティックを出したい方向とは逆に少し動かして、出す瞬間にスティックを出したい方向に弾いて展開、という感じが良さげですね。

使用タイミングは溜まったら即使用するのではなく、サバイバーが数人まとまっている場所に使用するのがベストです。

タイローンのフィーバー使用時に使用してしまわないように注意し、モンハウで苦戦している時や複数人のサバがまとまって行動している時に進行先の扉をロック→扉を開けようとしているタイミングなどを狙って設置するとまとめて倒せる可能性も高くなります。

関連記事はコチラ
ダニエルのデッキ編成やタイラントの使い方
ニコライのデッキ編成やネメシスの使い方
アネットのおすすめデッキ編成やG-バーキン

バイオハザード レジスタンス 攻略メニュー

以上、『バイオハザード レジスタンス』のスペンサーの使い方についてでした。