今回はPS4ソフトのゾンビゲームのおすすめについて

2017年頃にゾンビゲームのおすすめランキングの記事を書きましたが、2018年~2020年頃のゾンビゲームについては触れていません。

そこで今回は、2018年~2020年までにPS4で発売されているおすすめゾンビゲームと今後発売予定の新作ゾンビゲームの情報について書いていきたいと思います。

おすすめゾンビゲーム

ここで紹介するのは2018年~2020年までに発売されているゾンビゲームです。

2017年までに発売されているゾンビゲームは別記事で紹介しています。
【PS4】ゾンビゲームのおすすめランキング 2017年

8位 お姉チャンバラORIGIN


クリア後評価や感想 ボリューム不足でバグやDLCも

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2019年12月5日に発売

本作は初代『お姉チャンバラ』の1と2のリメイク版が収録された内容です。
おすすめ出来るという程ではないですが、ゾンビゲーム自体が少ないので一応ランキングに入れました。

本作は難易度は低いもののアクションは面白く、ゲーム自体は良く出来ていた作品なのですが、ボリューム不足とDLCの売り方が残念な作品になっています。

7位 ワールドウォーZ


ワールドウォーZの評価や感想 日本版発売日やボリューム

2019年9月26日に発売

2019年4月に北米版が発売された際に大きく話題になったゾンビゲームです。
最大4人までのオンライン協力プレイが可能で対戦プレイも用意されています。

内容としては4種類のステージ(ニューヨーク/エルサレム/モスクワ/東京)にチャプターが3つずつ用意されていて、ゾンビの大群を倒しながら目的地まで向かう単純なゲームですね。

オンライン要素があるゾンビゲームは貴重ですが、本作のゾンビやキャラのモーションは微妙で全体的なグラも良いとは言えません。
ネット上の評価はそこそこ高めですが、ゲーム内容は飽きが来るのが早い印象のため長期的に遊べるゲームとしてはあまりおすすめ出来ないですね。

6位 バイオハザードRE:3


クリア後の評価や感想

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2020年4月3日発売

本作は『バイオハザードRE:2』と同じく『バイオ3』の完全リメイク作品になるのですが、バイオRE:2とは違って本編が一本道で謎解き要素もほぼ皆無と残念な仕上がりになっています。

グラは綺麗でそこそこ楽しめたのですが、ホラー要素が薄れていて本編のボリューム不足も目立つので、正直そこまでおすすめ出来るとは言えないですね。

ただ、本編と同梱されている非対称オンライン対戦モードの「バイオハザード レジスタンス」は個人的に結構ハマっているのでオンライン対戦が好きな人にはおすすめ出来ます。

5位 デイメア:1998


クリア後評価や感想にボリューム バグが酷い?

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2020年2月20日発売

『デイメア』は過去に『バイオハザード2』の非公式リメイクの開発で話題になったInvader Studios制作のホラーゲームで『バイオ』シリーズに似た雰囲気、システムの作品になります。

本作はグラが良いとは言えませんが低価格な上にストーリーも良く出来ていて、初期頃の『バイオ』作品の雰囲気が好きな人であれば楽しめると思います。

ただ、アプデで修正が来たものの発売日当日はバグが酷く、私が攻略している時も致命的なバグに遭遇したため極端にバグを気にする方は注意が必要です。

4位 メタルギアサヴァイヴ

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2018年2月21日に発売

『メタルギア』シリーズで知られる小島監督が関わっていないメタルギアシリーズです。
ワームホールで別次元に飛ばされたプレイヤーがゾンビのようなクリーチャーと戦いながらその世界から脱出する方法を探していくという物語です。

『メタルギア』シリーズとのストーリーの繋がりも多少はあるので、シリーズ未プレイの方だと物語を理解出来ないかもしれないので注意しましょう。

ゲーム内容自体は生存者を救出したり探索して素材を集めたり、種類は少ないですが拠点をクラフトして防衛面を強化したり家畜の飼育なども出来るため割としっかり作り込まれています。

発売前は炎上していたものの発売後は高評価も多く個人的にも楽しんでプレイ出来た作品です。

ちなみにオンライン協力プレイにも対応していますが、協力プレイ専用のミッションを繰り返しプレイするだけで私が少し前にプレイした時には人口も少なかったので、オンライン目的で購入するのは止めておいた方が良いでしょう。

3位 The Last of Us Part II


クリア後評価や感想(ストーリーネタバレあり)

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2020年6月19日発売

本作は2013年に発売された『The Last of Us』の続編です。

ネタバレは伏せたいので詳しくは書けませんが、ストーリーの衝撃的な展開で賛否両論があり、ゲームシステムは前作の正統進化という感じの作品です。

2位 バイオハザードRE:2


クリア後評価や感想 規制が酷い?

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2019年1月25日に発売

本作は1998年に発売された『バイオハザード2』のリメイク作品です。
『バイオハザード』シリーズはゾンビゲーの代表なので、ゾンビゲームが好きな方でプレイしていない人はいないと思いますが、本作はリメイク作品としてはかなり完成度の高い作品でした。

レオンが新米ということでバイオハザード4~6のようなアクション要素はないですが、その代わりにゾンビ自体を倒すのが難しくホラー要素が強くなっています。

Amazonレビューでは日本版の規制が理由で評価を下げている方がいましたが、個人的には大して気になりませんでした。

1位 デイズゴーン


クリア後評価や感想

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2019年4月26日発売

大群が押し寄せるトレーラーで発売前から大きく話題になっていたゾンビゲームです。
ジャンルはゾンビ×オープンワールド×サバイバルのTPS

本作のゲームシステムはオープンワールドの『ファークライ』や『アサシンクリード』シリーズに似ていて、マップ上に敵拠点や探索ポイントが複数用意されている感じになります。

オンライン要素のないシングルプレイ専用ゲームですが、ストーリー内容が面白くゾンビの大群も実際に各地に配置されていてゾンビゲームの中ではトップクラスに楽しめました。

ただ、本作はバグが多く進行不能バグやイベント中に音声が消えるバグが何度か発生し、バグのせいでネット上でも評価を下げてしまった作品です。

現在はアップデートにてバグの修正が行われているようですが、確認はしていないのでどの程度修正されているのかは不明

とは言え、個人的にはかなり楽しめたのでゾンビゲームを探していてプレイしていない方には強くおすすめ出来ます。

現在発売されているゾンビゲームのおすすめランキングは上記のような感じで、「デイズゴーン」と「バイオハザードRE:2」は非常におすすめ出来るゾンビゲームになります。

また、ゾンビゲームとは少し違いますがゾンビモードが収録されている『コールオブデューティブラックオプス4』は友達とオンライン協力が出来るゾンビーゲームとしておすすめ出来ます。

2020年11月に発売予定の『コールオブデューティブラックオプス コールドウォー』にもゾンビモードが収録されています。

スポンサーリンク

新作ゾンビゲーム

下記は2020年以降に発売が予定されている新作ゾンビゲームです。

Dying Light2

発売日未定

2020年春頃に発売が予定されていましたが、1月に延期が発表されました。

ゾンビゲームの中ではトップクラスの人気を誇る『Dying Light』の続編で、前作の15年後の世界が舞台となります。
『Dying Light』はかなり楽しんでプレイ出来たので本作も期待しています。

レインボーシックス クアランティン

発売日未定

まだ詳細が発表されていない作品で、人間に寄生する地球外生命体と戦うオンライン協力が可能な『レインボーシックス』になりますが、ゾンビゲームとは少し違うかもしれません。

一応、発表されている内容によれば本作は3人協力プレイのPvEがメインの作品になるようです。

個人的には『Dying Light2』に期待しています。

以上で2018年~2020年までに発売されているゾンビゲームのおすすめや新作情報についてを終わります。