今回は『PixARK』の農業のやり方について

本作にはベリー系や野菜の種があり、種を水場の近くで植えて育てることで対応する野菜やベリーを手に入れることが出来ます。
野菜の種は入手法が特殊なので初見だと少し分かりにくいです。

そこで今回は、『PixARK(ピックスアーク)』の野菜の種の集め方や育て方について書いていきたいと思います。

野菜の種とベリーの種の集め方

まず、本作にはベリーの種や野菜の種が存在します。

ベリー系はフィールド上にある植物から素手で採取して入手することが出来ますが、野菜に関しては基本的に種を集めて自分で育てなければ手に入れることが出来ません。

ベリーの種や野菜の種を集めるには「金属の鎌」が必要になります。
「金属の鎌」を作成するために必要なエングラムは“金属スキル”のレベル40で習得出来ます。

「金属の鎌」の作成に必要な素材は「鉄のインゴット×2」「木材×1」
鉄のインゴットは溶鉱炉に「鉄」を入れて作成します。
鉄のインゴットの作り方・鉄鉱石の入手場所

「金属の鎌」は作業台で作成出来て、「金属の鎌」を作成すればフィールド上にある植物からベリーの種や野菜の種を手に入れることが可能になります。
・ベリーの種は各ベリーが手に入る植物を鎌で攻撃して入手
・野菜の種は「わら」が手に入る草を鎌で攻撃して入手

野菜の種は低確率なので、数を集めるには根気良く草刈りをする必要があります。

野菜の種の種類は、
・ジャガイモの種=ジャガイモ
・ニンジンの種=ニンジン
・トウモロコシの種=穀物
・小麦の種=小麦
・レモンの種=レモン

その他、トリケラトプスやパラサウロロフスなどの特定の恐竜であればライドすることで、その恐竜の攻撃でベリーの種や野菜の種を楽に集めることが出来ます。

スポンサーリンク

野菜の育て方や収穫について

野菜の種を手に入れたら種を植えて野菜を育てていきましょう。
本作は『ARK』の時とは違い、野菜の種を直接土の上に植えることが出来ます。

野菜の種をショートカットにセットして使用⇒通常のブロックと同じく土の上に使えば植えることが可能です。

ただし、野菜の種は水分がなければ育てることが出来ず、水がない場所に植えても一定時間後に消滅してしまうので注意しましょう。

必要な水分の基準は水ブロックから2~3ブロック以内までで、水の流れる蛇口も水ブロックと同じになります。

パイプで水を引く方法は初心者向けの記事で解説しています。
水の飲み方・水袋/水筒の使い方や水の引き方

水分が足りているかどうかは、種を植えて近付いた時に表示される「成長状況」の項目が「成長中」になっていれば足りている、「水不足」になっていれば足りていないということになります。

成長中になっていれば時間経過で「苗木の時期」から成長していき、最終的に「成熟」になれば素手で採取出来るようになります。
この時、「金属の鎌」を使用すれば収穫量が減りますが対応する野菜+種を入手出来ます。

野菜は恐竜のテイムや特定の料理を作成するために必要で、本作では種さえ手に入れれば育てるのは割と簡単なため種集めから収穫までの流れは把握しておくと良いですね。

関連記事はコチラ
中盤のおすすめレベル上げ・経験値稼ぎ
染料とブラシの作り方・建物の染色のやり方
菜園の使い方と水・肥料や植物の生物の種の入手法

ピックスアーク 攻略メニュー【PixARK】

以上、『ピックスアーク』の野菜の種の入手法と育て方についてでした。