今回は『PixARK』の初心者向けの水の飲み方について

本作はプレイヤーが食料と水を飲まなければ食料値と水分が減少してしまいます。
水は水中に入ったり水袋に入れたりと様々な方法で確保出来ます。

そこで今回は、『PixARK(ピックスアーク)』の初心者が覚えておきたい水の飲み方と水袋やパイプによる水の引き方などについて書いていきたいと思います。

水の飲み方

まず、本作の水はプレイヤーの水分に影響していて、水を飲まずにいるとステータスの“水”の値が0になりダメージを受けるようになります。
この数値は水を飲むことで回復出来て、基本的には水中に入ることで水を飲めばOKです。

水は△ボタンで飲むことが出来て、1ブロック分の水ブロックの中に入っていれば飲めます。

ただ、拠点の周囲に水がなかったりすると移動が面倒なので、その時は「水袋」や「銅の水とう」を作成することで水場から水を汲んで常備することが可能になります。

 

水袋や水筒の作り方

本作で水を確保するためのアイテムは序盤だと「水袋」があり、レベルが上がれば「銅の水筒」を作成することも出来ます。

それぞれのアイテムの作成に必要なエングラムは、
・「水袋」は“原始的スキル”のレベル10
・「銅のケトル」は“金属スキル”のレベル27

「水瓶」の作成に必要な素材は「革×4」「繊維×12」
「銅の水筒」の作成に必要な素材は「銅のインゴット×5」「革×10」「繊維×20」

必要素材の集め方

・革は生物を倒した時にドロップする肉ブロックを斧や剣で攻撃
・繊維はフィールド上にあるベリーが手に入る植物から素手で採取
・銅のインゴットは「銅」を溶鉱炉に入れて生産

銅のインゴットの作り方は別記事でまとめています。
銅のインゴットの作り方・銅の鉱石の入手場所

素材を集めたら「水袋」は手作りで、「銅の水筒」は作業台から作成することが出来ます。

これらのアイテムは水中にいる状態でアイテムを使用することで水を汲むことが出来ます。
「水袋」は時間経過で水が減っていき、「銅の水筒」は時間経過でも水が減りません。

水が入っている状態で各アイテムを使用すると水を飲んで水分補給が出来ます。

スポンサーリンク

パイプの水の引き方

そして、上記のアイテムの他にも水場からパイプや蛇口を使用して水を引くことも出来ます。
これは拠点の周囲に水場がない時の水分確保、ベリーの種や野菜の種を植える時に役立ちます。

パイプには石のパイプや金属のパイプなど種類がありますが、最初に作れるようになるのは石のパイプ系アイテムです。

「石のじゃぐち」「石のパイプ(給水口)」「石のパイプ」は“原始的なスキル”のレベル20で習得出来るエングラムが必要になります。

それぞれのパイプは地面を掘ると大量に見つかる黒いブロックをピッケルで攻撃すると手に入る「石ブロック」で作成出来ます。

各アイテムを作成した後は、
1.水場の水ブロックに「石のパイプ(給水口)」を設置
2.給水口に「石のパイプ」を繋げて目的地まで伸ばす
3.パイプに「石のじゃぐち」を設置する

パイプがしっかり繋がっていれば蛇口から水が流れてくるので、蛇口に近付くことで「水を飲む」ことが出来るようになります。


蛇口のインベントリを開いて、インベントリ内に「水袋」や「銅の水筒」を移動すれば水を汲むことも可能です。

拠点の周囲に水場がない時は離れた場所にある水場からパイプで拠点まで水を引けば楽に水分を確保することが出来るため覚えておきましょう。
パイプは拠点の壁を貫通するため拠点の中に蛇口を設置するのも簡単です。

関連記事はコチラ
序盤のおすすめレベル上げ・経験値稼ぎ
恐竜/魔法生物の出現場所まとめ
ピッケルと斧のランクの違いや使い道

ピックスアーク 攻略メニュー【PixARK】

以上、『ピックスアーク』の水分確保のやり方についてでした。