今回は『Rust』の罠の作成方法について

本作ではタレットの他にもレシピを習得することで作成、設置出来る「トラバサミ」や「地雷」などのトラップがあり、拠点に近付くプレイヤーを迎撃するために役立ちます。

そこで今回は、PS4ゲーム『Rust』の罠の種類と作成方法や性能について書いていきたいと思います。

罠の作成方法

作成方法
木製スパイク 作業台レベル:なし
リサーチコスト:スクラップ×20
必要素材:木材×300
トラバサミ 作業台レベル:レベル1
リサーチコスト:スクラップ×75
必要素材:金属片×50、歯車×1
地雷 作業台レベル:レベル2
リサーチコスト:スクラップ×250
必要素材:金属片×50、火薬×100

罠のレシピはドラム缶や箱を破壊時に確率で入手出来ます。

私の場合ですが、「木製スパイク」は青ドラム缶破壊時にBP(レシピ)入手、トラバサミは木箱、地雷はガンボックスから入手しました。

トラバサミと地雷は入手後にリサーチテーブルでレシピ化しておきましょう。

 

罠の使い方・性能

木製スパイク


地面の上にのみ設置可能

木製スパイクは上を歩くと移動速度が遅くなり継続ダメージを受けます。

トラバサミ


地面または床の上に設置可能

設置したトラバサミを踏むと一定時間動けなくなり50ダメージ+出血状態になります。
発動したトラバサミは閉じるので近付いて再度設置(□)or拾う(△)ことで回収出来ます。

地雷


地面または床の上に設置可能

設置した地雷を踏むと即死?(裸で即死、防具は未検証)ダメージを受けます。

ただ、踏んだ時はカチッと音がするので立ち止まると爆破せず、他プレイヤーが近付くことで解除してもらうことが可能です。
解除すると解除したプレイヤーが地雷を入手します。

罠は拠点周りに設置しておくことで防衛面で役立ちますが、敵味方区別なしで発動してしまう点は注意しましょう。

Rust 攻略メニュー【PS4ゲーム】

以上でPS4ゲーム『Rust』の罠の種類と使い方についてを終わります。