今回は『サブノーティカ』の海中植物の栽培について

本作では陸上植物を栽培するための屋内用プランターの他に、海中植物を栽培するための「屋外用プランター」や「大型水槽」があります。

そこで今回は、『サブノーティカ』の屋外用プランターと大型水槽の設計図の入手場所、海中植物の栽培について書いていきたいと思います。

海中植物用のプランター設計図

海中植物を栽培するためのプランターは「屋外用プランター」と「大型水槽」があります。

屋外用プランターの設計図

屋外用プランターはオーロラ号の集合地点である浮島で設計図を入手出来ます。

入手タイミングとしては脱出ポッド19でPDA×2入手後にシグナルが発生
※脱出ポッド19は遭難信号が発生するとシグナルを確認出来ます。

この浮島には山頂と麓に建物があり、麓の建物近くにある屋外用プランターをスキャンすることで設計図の利用が可能になります。

大型水槽の設計図

大型水槽はデガシ号の居住地(水深500M)の建物3階にある大型水槽をスキャンすることで設計図の利用が可能になります。

デガシ号の居住地は脱出ポッド17近くの洞窟でPDA入手後にシグナルが判明
デガシ号の居住地(水深250m)~脱出ポッド12

スポンサーリンク

海中植物の栽培のやり方

海中植物はナイフで切りつけると種を手に入れることが出来て、その種を「屋外用プランター」or「大型水槽」に植えることで栽培が出来ます。

屋外用プランターの栽培

屋外用プランターは拠点の外に設置出来るプランターです。
ビルダーから「チタニウム×2」で作成出来て、土台の上や多目的ルーム、ムーンプールの屋根上などに設置出来ます。

大型水槽の栽培

大型水槽は拠点の中に設置出来るプランターで、多目的ルームの中心に設置出来ます。
ビルダーから「ガラス×5」「チタニウム×2」で作成可能

大型水槽設置後はハッチを付けて中に入り、底を調べるとプランターの使用が出来ます。

屋外用プランターはスロット数24で大型水槽はスロット数16なので、栽培目的であれば「屋外用プランター」の方が効率良さげですね。

海中植物は序盤は必要になる場面がないですが、中盤以降はエアロゲル作成に必要な「ゲルサック」の栽培などで利用するので設計図は入手しておくのが良いです。

関連記事はコチラ
ストーカーの牙の入手法とエナメルガラス
エアロゲルの作り方と必要素材の入手場所
レーザーカッターの設計図と作成方法

【PS4】サブノーティカ 攻略メニュー

以上、『サブノーティカ』の海中植物の栽培についてでした。