今回は『ゴーストリコン ブレイクポイント』の標準武器パーツについて

「標準武器パーツ」は一番レア度の低い武器を解体することで手に入るパーツです。
武器のアップグレードに必要になりますが、レベルが上がると手に入れづらくなりますね。

そこで今回は、『ゴーストリコン ブレイクポイント』の「標準武器パーツ」の集め方について書いていきたいと思います。

標準武器パーツ

標準武器パーツは主に武器のガンスミスで性能をアップグレードする時に特定の箇所で必要になります。

ゲーム開始序盤であれば敵がドロップする武器はレア度が低いものばかりなので、手に入れた武器を解体していけば楽に集めることが出来るでしょう。

ただ、プレイヤーの装備レベルが上がると敵がドロップする武器はレア度が高くなるため、「標準武器パーツ」が手に入る武器はほぼ手に入らなくなってしまいます。

その場合は、小型飛行ドローンが「標準武器パーツ」をドロップするので小型飛行ドローンを破壊してドロップを狙っていくのが良いです。

スポンサーリンク

標準武器パーツの集め方

私が「標準武器パーツ」を手に入れる時に利用している場所は「ムルムル巡回区域」です。

ムルムルは小型飛行ドローンの上位版(?)で、ベヒモス防衛区域やアモン攻撃区域などと同じくロケーションを見つけると出現場所が戦略マップに表示されます。

このエリアではムルムルが固定で5体程度出現し、ムルムルは確率ですが破壊してアイテムを拾う(破壊した機体に接触)と「標準武器パーツ」を3個落としてくれます。

ムルムルは動きが素早い強敵なので私の場合は、
1.巡回区域近くのビバークに移動
2.クラスは「パンサー」を選択
3.ガレージからヘリを呼び出す
4.クローキングスプレーを使用する
5.ヘリに乗ってムルムル巡回区域に移動
6.ヘリのプロペラを当てるようにムルムルに突撃して破壊
7.自滅してビバークに戻る

上記の繰り返しで「標準武器パーツ」を集めました。

上手く突っ込まなければ破壊出来ずにムルムルが散らばって面倒になりますが、密集しているムルムルにヘリで突っ込むと破壊するのと同時に高確率でドロップアイテムも入手出来ます。

パンサーの「クローキングスプレー」を使用すれば近付いても気付かれないので、画像のようにムルムルの横から突っ込む感じに行けば複数を同時に破壊出来ると思います。

破壊後は警戒中になると思うので、アンバレのグレラン等で自滅してからビバークにファストトラベル⇒同じことを繰り返せばOKです。

仲間がいる場合は「EMPグレネード」を使用したり普通に戦っても良いと思いますが、周回する場合は死亡した方が早いのでソロの場合は上記の方法がおすすめです。

大体どこの場所でも同じだと思いますが、私が利用していたのはグッドホープマウンテンの北西にあるムルムル巡回区域で、巡回区域の北西にあるベヒモス水道の野営地から始めていました。

関連記事はコチラ
最強の武器種やおすすめ武器は?
おすすめスキル
スキル習得と効率の良いスキルポイント集め
武器のアップグレードや解体とパーツ入手

ゴーストリコン ブレイクポイント 攻略メニュー

以上、『ゴーストリコン ブレイクポイント』の「標準武器パーツ」の入手法についてでした。