今回は『PixARK』のオイルスライムのテイムと培養器について

オイルスライムは石油タルを生産するための設備「オイルスライムばいよう器」に必要になる生物です。
この設備があれば拠点内でも石油の生産が可能になります。

ということで今回は、『PixARK(ピックスアーク)』のオイルスライムの出現場所やオイルスライム培養器の使い方・燃料について書いていきたいと思います。

オイルスライムの出現場所とテイム方法

オイルスライムは黄金の大地エリアの地下空洞に出現するスライムです。

出現場所は他にもあるかもしれませんが、黄金の大地エリアの地下空洞であれば割と楽に見つけることが出来ました。

オイルスライムは「肉」などの肉系の餌を手渡しで与えることでテイム出来ます。
※「こんがり肉」などの餌をショートカットの一番右端にセットしてからオイルスライムに近付いて渡すとテイムを開始

 

オイルスライムばいよう器の作り方

そして、「石油タル」を生産するための「オイルスライムばいよう器」は“工業スキル”のレベル57のエングラムから習得出来ます。

エングラムを習得すると「旋盤(せんばん)」で作成可能

「オイルスライムばいよう器」の作成に必要な素材は「ガラスの窓×8」「鉄の土台×4」
・ガラスの窓は「ガラス×8」「銅のインゴット×4」で作成
・鉄の土台は「鉄のインゴット×1」で作成

どちらの素材も「作業台」で作成することが出来ます。
※「ガラス」は砂漠で手に入る「砂ブロック」を溶鉱炉に入れることで生産可能

スポンサーリンク

オイルスライムばいよう器の使い方

「オイルスライムばいよう器」を作成したら拠点に設置することで使用出来ます。
1.テイムしたオイルスライムを培養器の近くに移動
2.オプションの「ほかく オイルスライム」を選択
3.燃料スロットに「木炭」を入れる
4.インベントリに「空の石油タル」を入れる
5.生産を開始すると時間経過で「石油タル」を生産

まずは、テイムしたオイルスライムを培養器の近くに移動して培養器の中に入れます。
オイルスライムは培養器に4体まで収納出来ました。

その後、培養器のインベントリを開いて燃料スロットに「木炭」をセットすることで培養器の起動が可能になります。

基本的な事ですが「木炭」は「たき火」や「ようこう炉」の燃料に「木材」を入れて点火すると時間経過で生産されていく素材アイテムです。

生産を開始すると時間経過で「石油タル」が作成されていきますが、「石油タル」の作成には「空の石油タル」が必要になるので覚えておきましょう。

「空の石油タル」は作業台にて「銅のインゴット×1」「革×2」で作成出来ます。
※「石油」系のエングラムは“工業スキル”のレベル55から習得

「石油タル×1」を作成するために「空の石油タル×1」が必要なので、分かりやすく言えばインベントリに入れた「空の石油タル」の数だけ「石油タル」が生産されていくということになります。

関連記事はコチラ
モロクトカゲの出現場所や銅と鉄の生産方法
発電機の使い方と電線・コンセントなど配線のやり方
石油とガソリンの作り方・石油ポンプの使い方

ピックスアーク 攻略メニュー【PixARK】

以上、『ピックスアーク』のオイルスライムのテイムと培養器の使い方についてでした。