今回はPS4版『黒い砂漠』の総合取引所について

総合取引所はプレイヤー間で商品の購入や販売ができる機能です。

そこで今回は、PS4版『黒い砂漠(ブラックデザート)』で総合取引所の使い方と入金/販売方法や売れない場合について書いていきたいと思います。

総合取引所

総合取引所はメニュー画面からいつでも利用する事ができます。

ただし、総合取引所でアイテムを購入する場合は「取引用倉庫保有シルバー」を使用する事になるため、事前にアイテム取引所(取引所長)にてシルバーを入金しておく必要があります。

また、商品を販売する場合も取引用倉庫に預ける必要があるので、アイテム取引所から倉庫にアイテムを預けておきましょう。
取引用倉庫は5000VTまでのアイテムを預ける事ができ、こちらの倉庫は地域共有のため、どの町でアクセスしても倉庫内のアイテムは共通です。

課金アイテムの取引用の執事/メイドを雇用している場合はどこからでも取引用倉庫にアクセスする事ができます。

 

購入する場合

総合取引所でアイテムを購入する場合は、メニュー画面から総合取引所へアクセスすればOKです。

・メイン武器
・補助武器
・防具
・アクセサリー
・材料
・強化/改良
・パール商品
・消耗品
・生活道具
・魔力水晶
・染色剤
・動物
・船舶
・馬車
・家具
のカテゴリーから商品を探し、登録されている商品であれば価格分のシルバーを支払って購入する事ができます。

購入価格は開始価格の値段の前後で決まっており、購入価格によっても登録されている数は変動するので、購入したい商品がある場合はまず購入希望価格をチェックしましょう。

もし登録数が0の値段で購入する場合は、その場でシルバーを支払い購入予約をする事になります。
この状態だと商品が登録された時に自動で商品を購入する事が可能です。

購入予約の場合はアイテムの物価が上がった場合に、最も高い金額で予約したプレイヤーが予約購入権利を得るようなので、確実に欲しいアイテムがある場合は高めの値段で予約しておくと良いでしょう。

購入したアイテムは「取引用倉庫」に保管されるため、引き出すにはアイテム取引所からアクセスする必要があります。

スポンサーリンク

販売する場合

販売する場合は、販売したいアイテムをアイテム取引所にて「取引用倉庫」に預ける必要があります。

取引用倉庫にアイテムを預けている場合は、総合取引所→財布から預けたアイテムを選択して販売する事が可能です。

こちらも購入時と同じように購入希望がある場合は即売却ができますが、購入希望のいない値段で販売する場合は購入希望者が現れたタイミングで売却されます。

また、総合取引所で販売する場合は税金を取られるため、手元に入るシルバーは少なくなります。

詳しくは不明ですが、調べてみたところ総合取引所で販売した場合は、物品税30%+その地域の税金が取られるようなので、高いアイテムを販売した場合は結構な金額を取られる事になります。

また、課金アイテムのプレミアムパッケージを使用している場合は30%上乗せされた状態で受け取れるようです。

関連記事はコチラ
釣り竿の入手法と釣り場所・オート釣りのやり方
倉庫番の場所と輸送の使い方・倉庫保有金額
NPCの種類と探し方(NPC検索の使い方)
探索拠点の活性化の効果と貢献度投資

【PS4】黒い砂漠 攻略メニュー

以上、PS4版『黒い砂漠』の総合取引所の使い方についてでした。